レンタルオフィスと起業

将来的に起業を考えている人にとっては、貸事務所を借りることによってどれほどの経費を計上しなければならないのかというのことは、考えなければならないポイントでしょう。貸事務所を借りることになれば、その分、敷金やら礼金やらの初期費用の計上、さらにはデスクや棚などのオフィス家具の購入費用など、実際に計算してみるとその額はかなりのものになってしまうものです。そういう時に役立てたいのが、レンタルオフィスなのです。

敷金礼金かからずオフィス家具も完備

レンタルオフィスの最大の特徴としては、敷金や礼金などをかけずに、しかもオフィス家具が完備された状態で事務所を借りることができるということです。レンタルオフィスというのは一般的な貸しオフィスと違って遥かに予算をおさえて借りることができるんですね。敷金や礼金がかからないだけでなく、賃料も安く、さらにはビジネス用品がついているので、多方面で経費を削減することが可能なのです。企業を立ち上げようとしている人にとっては、初期投資をいかに少なくするかが問題となるでしょうから、とてもありがたいですよね。

レンタルオフィスとバーチャルオフィス

レンタルオフィスのほかにバーチャルオフィスというものがありますが、これらは根本的に異なるものであるということを認識しておくべきです。バーチャルオフィスというのは単に電話対応などの機能を貸し出しているに過ぎず、要するにオフィスとは言えないものなのです。近年では振り込め詐欺などのダミー事務所として悪用されていたりもするため、銀行やほかの企業からの信用も低く、融資や提携などを受けにくくなってしまうかもしれません。レンタルオフィスはれっきとしたオフィスであり、仕事をするスペースがきちんとあるので、信用度も高いのです。

学習塾を開業する場合には、各種教室向きの福岡の賃貸事務所を選ぶのが理想的です。特に空調設備の充実した物件であれば、生徒も快適な環境で勉強ができます。