お店のイメージは外見で決まる

アパレルにしろ家具にしろ食品にしろ、どの程度の集客ができるかはお店の外見で大方が決まってしまう場合があります。いくら立地が良くても、たとえば全体的にボロボロであればお客さんの足は遠のいてしまいますし、店内の様子がわからない場合も同様です。見た目が不衛生であったり、そもそも何のお店であるのかが判断できないようでは、集客は望めないのです。そのため、集客を考えるならばお店の外見から考えなければなりません。

とにかく開かれたお店にする

通りを歩いていて、中に陳列されている商品に目が向き、興味が湧けば足が止まるかもしれません。そしてその瞬間にお客さんを惹きつける別の要因が、たとえば価格やキャッチコピーなどが目に入れば、購買意欲はさらに高まるかもしれません。つまりそのお店は何を取り扱っているのかが明確で、なおかつ品揃えや価格などがお客さんのニーズに合致していて初めて、お店に入ることになるのです。そのために、そのお店が一目で何を取り扱っているのかが判断できるようにする必要があるのです。

お店の魅力と従業員の魅力

集客力を上げるためにはお店の外見も重要ですが、そこで働く従業員も集客に関わる大きな要因になります。たとえば店先に立って大声で宣伝をしていればそれだけ人々の関心を引きますし、例えばアパレルショップであればおしゃれで魅力的な服装をしている人が働いていれば、同じ服を買いたいと考え、来店する人が増えるかもしれません。つまりはお店の魅力と人の魅力が合わされば、それだけ集客力を向上させることができ、どちらが欠けていてもいけません。

O2Oによってネットと実店舗の両方から対策を講じることで宣伝の効果を高めて売り上げに繋げることが出来ます。