気づくと何年もしまいっぱなし

家にある倉庫を毎日確認している人は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。倉庫の中は様々なものが貯蔵することができ、万能の空間スペースですが、奥に詰めて詰めて詰めて・・・を繰り返すと、そのうちにあふれかえるぐらいのもので詰まりきってしまっています。そんな中の倉庫の物品を振り返るのもめんどくさいですよね。大掃除の機会でもなければなかなか倉庫の中身は整理整頓しないしなによりめんどくさいと思ってしまってそのままにしてしまいます。

倉庫の中は重いものが入っているから持ち出しづらい

倉庫の中身を確認する際に、ついついめんどくさいという気持ちが優先してしまいがちになってしまい、なかなか片づけをするのもひと手間かかってしまいますよね。何せ倉庫ですから、日ごろ必要としない物品がたくさん貯蔵されていることからなかなか取り出しづらい。しかも倉庫の中には持ち出せないぐらい重いものまで入っているのでなかなか取り出すことに渋りが出てきます。万能な倉庫ですが、入れるだけで達成感を感じて手に付けることができません。

工具を取り出すが、どこに入れたか忘れてしまう。

倉庫の中には、庭や日曜大工などで使用される工具を保管する場所としても有効的に使用することができますが、それがまたどこにしまっているのかも検討がつかないぐらいめんどくさいことになっているのが倉庫の中身です。工具はしっかりしたものは大半鉄でできています。そのような工具を実際に使うときに、ありがちですがよくさびてしまっていることがありませんか。さびてしまっている工具を見るととてつもない絶望感に打ちひしがられます。

物流は夜間であっても長距離向けのトラック・鉄道・航空機が動いていますので24時間休む事はありません。