野立て看板とはこんなものです

よく駐車場とか、田んぼや畑に看板が立っているの見かけたことはありますよね。それが野立て看板といって、素材はさまざまで、金属製のものもあれば、木製のものもあります。どこにでも立てられるものではなく、法律や各自治体によって禁止されている地区や場所があり、主に、公園や墓地、住宅専用地域などには設置できないことが多いです。そのような制約があるので、一般的には専門の業者にお願いして設置することが多いようです。

野立て看板にはこんな効果があります

野立て看板にはたくさんの効果が見込めます。例えば、お店が奥まった場所にある場合は、大通りからの案内の野立て看板を立てれば、お店の発見確率を飛躍的に上げることができますし、コンビニエンスストアなどのお店の場合は、ドライバーへの事前告知が不可欠なので、お店の100メートル前に立てることで、入店していただく確率を高めることができます。また、複数の野立て看板を立てることで、集中出店と同じように、お店の存在が記憶に残り、認知度が上がります。

記憶に残る野立て看板のデザイン

野立て看板を立てる場所にもよりますが、対象が、車を運転するドライバーならば、印象に残る大きな文字で、多くの文字は入れないことと、案内の意味も込めて矢印を入れたほうが良いでしょう。矢印と一緒に、看板からお店までの距離や、かかる時間を入れると、もっと効果的です。また、対象が、歩行者であれば、目にとまるキャッチフレーズを入れて、伝えたいことをたくさん入れると、興味を持った人にたくさんの情報を与えられます。

都心のビルの上や壁に設置している看板の広告料は数百万から数千万円に及びますが、人通りが多ければ多い程広告料も高くなります。