経験として絶対にやっておくべき?

インターンとは実際の雇用を受ける前に、現場で仕事をして雰囲気や仕事内容を経験するための制度で、雇用主にとってもインターン制度を理由する側にとってもメリットがあるために日本でも流行ってきています。そこでインターン制度を利用することでどんなメリットがあるのかまとめてみました。まずは自身の経験としてやっておくべきということです!インターンというのは模擬体験みたいなものですが、会社の独自の仕事現場や雰囲気を直に味わえるので面接や説明会より具体的に会社について知ることができます。また、実際の仕事を通してとても良い経験になるのでインターン制度はどんどん利用してください。

アピール材料に使える!

自身の経験として蓄積できるだけではなく、インターン制度を利用することは会社で面接するときなどにアピール材料として使えます!インターン制度というのは基本的には実際に体験して知ってもらうというところに焦点を当てているので、給料が少ない場合や割に合ってない場合などが多いです。しかし逆にそれをアピール材料として使って、履歴書に書いたりすると好印象を受けます。「この人は給料より仕事の内容に興味があるのか」という印象を面接官などに与えることができるというわけですね。インターン制度を面倒ぐさがってやらない人はたくさんいますので、面接対策や企業リサーチをするならインターン制度を利用した方がいいと思います。

そのまま社員なることができる?

インターン制度は実際の現場に入って仕事をするので、他の社員と変わらない扱いを受けます。なのでそこで会社にとって有益であると判断された場合にはインターン後に社員として働ける場合があります。この場合には、面接や試験などはあっても形式上なものが多いので、ほぼ合格することになります。自身の経験値としても高い効果が望めて、かつ社会的ステータスにもなり、さらに社員になれる可能性もあるなんてやらない理由がないですよね。しかし現状はそこまでこのインターン制度が浸透してないんです。優秀な人材を確保しようとやり始めた企業もあるので、積極的に利用することをオススメします!

ベンチャーでのインターンは、多くの企業が今日では実施しています。営業やエンジニアなど様々な職種でインターン募集を行っているので、それに興味のある人はベンチャー企業のインターン紹介サイトを利用しています。