狙いを定めることが先決

ポスティングを成功させるためには、まずは商品やサービスの内容から、ターゲットになりそうな人がいる場所はどこか考えましょう。ターゲットが飲食店に多そうなら、繁華街や沿線などが狙い目ですし、リフォームに関するサービスなら、持ち家の率が高い一戸建てまたは分譲マンションのように、サービスの顧客になってくれそうなエリアを狙うと効果的ですよ。その際、最初の頃はとりあえず軒並みに配って、反響を確認した後、次回から絞り込みをしてみるのがお勧めです。

配布する前の下準備を大切に

ポスティングする際、ある程度狙いを定めたら、実際に配布するエリアの地図を準備します。慣れている道なので迷子になんかならない、と思っている方でも、効果的なポスティングを行いたいなら必ず用意するのが鉄則ですよ。慣れた道だと、つい気が緩んで配布漏れになってしまったり、二重に投函してしまうこともあるので、地図でしっかり確認しながら配るとミスも少なくなります。配る時は、地図を見たり配布するチラシを持ったりするので、なるべく両手が使えるようにショルダーバッグを準備すると便利です。

配布するルートを的確に選ぶ

ポスティングをいかに効率よく行えるかは、ルートの選択に大きく左右されます。配布の対象になるエリアを地図の上で確認しつつ、適切なルートを考え出します。その際のコツは、最初から広範囲で考えないことです。広い範囲で設定してしまうと、配り終わる前になんだか疲れてしまいますよね。広くなり過ぎないように、ある程度ブロックで範囲を分割し、そのブロックを回るように順番を決めましょう。配布が終わった道は地図にその都度チェックするとミスも少なくなりますよ。

主婦などに広告やチラシなどを、各個宅の郵便受けへ直接投入するポスティングの仕事をする人が多く、空いた時間できるのも人が多い理由みたいです。